機械設計職の求人募集|CADを扱える機械工学出身の新卒採用情報|大阪市

新卒採用情報、機械設計技術者

機械設計の仕事をしたい卒業予定の学生さんへ

あなたが設計したオリジナルの機械が世界中で活躍する。そんな職場が大阪にあります。製品の一部分だけを設計するのではなく、最初から最後まであなた一人で設計できる「本当のモノづくり」ができる職場に興味はありませんか?

1台1台、すべてオーダーメイドで設計する
日本を代表する包装機械メーカーである「株式会社トパック」が

新卒採用を開始しました。

機械設計を仕事にしたい学生の方は是非、詳細をご覧下さい。

無から有を作るモノづくりが大好きだ。一流の機械設計者になりたい。機械工学で学んだ知識を活かせる仕事に就きたい。手に職をもてる仕事が良い。知る人ぞ知る、その業界では有名な会社で働きたい。社内の雰囲気も良く、長く勤められる会社で働きたい。大好きな関西・大阪で働きたい

もしあなたが上記7つの項目のうち一つでも共感できるものがあれば、
以下に紹介する内容をお読みください。
もしかすると、ここがあなたの本当に求めていた職場かもしれません。

「“生産工場で稼働する「食品や医薬品」を包む機械の製造”に特化し、1967年7月22日にたった4人で立ち上げた会社」

その設立から早50年・・・
「技術」「社員」を大事にすることで成長し続け、
今では世界各国から受注をうける会社になりました。

無から有を作り出す本当のモノづくりができる仕事。あなたの思ったモノが形になる仕事。将来のリーダー候補として何年もかけて育てる職場。お客様から感謝してもらえる職場。MADE IN あなたの製品が世界に認められる仕事。あなたが生み出した機械が日本や世界中の消費者の役に立つ仕事。機械だけではなく多くの人とも繋がりのある仕事。

このような会社にあなたは興味がありませんか?

ここから下に記載しました会社の概要を参考に、他の会社と比べてください。
そして、あなたにとってこの会社が、探していた理想の会社だと感じたら
私たちと一緒に働いてみませんか?

株式会社トパック代表取締役社長正井敏夫

※募集人数に達しましたら求人を締め切らせていただきますので、ご応募をする場合はお急ぎください。

※就職に関して、しっかりと私たちのことを知っていただきたいと思っていますので、職場見学をおこなっています。
当サイトよりメールアドレスを登録後、職場見学へご参加ください。

代表の正井よりご挨拶

株式会社トパック代表取締役正井

こんにちは
大阪から日本と世界各国に自動包装機械を提供している株式会社トパック 代表の正井(まさい)です。

トパックは「優れた包装機づくり」「豊かな愛情ある会社づくり」「和を大切にした協力関係」「人材育成」という理念を掲げ、食品や医薬品などの包装用機械を作り続けてきました。

大阪の注目企業としてテレビで紹介されたり、包装業界の中では知名度もありますので、この求人募集ページに来られたあなたもトパックの事をご存じかもしれません。

ご存じのかたはこのまま募集要項をご覧いただければ良いのですが、知らないかたのためにできる限り分かりやすく弊社の考え方や方針などをご説明させていただきます。

結果として文字ばかりのページになってしまいましたが、あなたの一生を決める大事な就職ですので、あなたの就職活動のためにも詳しく書いた結果です。
少し長いですがぜひお付き合いください。

株式会社トパックとは何をしている会社なのか?

「食品、医薬品などの粉末用小袋包装用の機械で国内シェアNo1
日本国内のみならず世界各国から注文のある包装用機械を作っている会社」です。

弊社は企業とのみ取引をしているため、一般消費者の前に社名は出てきません。ですからあなたも弊社をご存じないかもしれません。
しかし、多くの食品や医薬品に弊社の製品が関わっていまして、実はあなたの身近にも存在しています。

例えば、あなたも自宅や近くのスーパー、コンビニでこれらの食品を見かけたことはありませんか?

小袋包装

粉末だし、粉末青汁、コーヒー、紅茶、
コーヒーに入れるスティック型砂糖、
インスタントラーメンに入っている粉末スープ、麦茶、入浴剤etc

このような粒や顆粒、液体を包む機械をオーダーメイドで受注し、工場に納品しています。

薬包装

また風邪をひいた時など、
粉薬を病院から処方されこともありますよね?

このような粉薬以外にも粉末胃腸薬、カプセル剤、注射する前に塗るアルコール綿など医薬品の分野にも関わっています。

フェイスマスクパック包装

他にもフェイスマスクやシリカゲル(乾燥剤)、入浴剤など化粧品や化学用品にも当社の機械が使われています。

このように食品や医薬品、化学用品は保存性や利便性、衛生面の観点から一般への販売時には殆どの場合、包装されて提供されています。

私たちトパックは、これらメーカーが開発した製品食品や医薬品、化学用品を生産工場で包装するためのこのような機械を作っている会社です。

ロータリー式充填包装機械 縦型式自動充填包装機械 多列式自動充填包装機械
ロータリー式3方・4方シール包装機
給袋装置機械

メーカー各社は自社工場にて製品を包装して出荷します。ですから、弊社が作った包装機械により製品が包装されたものが店頭に並んでいます。

※関わった商品のほんの一例(ここでは掲載しきれないほどの数があります)
関わった商品

株式会社トパックの軌跡

私が2代目として社長に就任したのは、昭和51年ですが、現在のトパックが生まれたのは、昭和38年(1963年)2月に叔父であり先代の社長 川本が経営する「東洋電機」に私が転職し包装機の開発を始めた時にさかのぼります。

初代社長川本

東洋電機に入る前までは、他社でクレーンなどの機械設計をしていました。
そして先代社長が経営する東洋電機は当時、三重県にあり青焼機などを販売していた会社です。包装とはお互い無縁だったのです。
ところが、川本が複写機の先行きに不安を感じ「何か新しいものを作って欲しい」私を技術者としてスカウトしたのが包装機械メーカーへの始まりです。

東洋電機に入社後、何を作るか色々と考えていましたところ、出入りをしていた協力会社から「包装機を製造してみてはどうか?」との提案を受け検討した結果、作ってみることにしました。そして昭和38年2月に包装機第一号機として私が設計開発したのが、「豆腐の包装機械」です。

そうです。この豆腐の包装をする機械が弊社の第一号機です。
この第一号機は手で豆腐を入れ、最後は足でスイッチを踏んで、「バチッ」と包装するタイプの半手動でした。
お若いあなたはご存じないかもしれませんが、昔の日本では水につかった状態の作りたての豆腐を豆腐屋さんがお店で売っていて、消費者は豆腐を持ち帰るために鍋やお椀などを持参して、豆腐屋さんから直接買っていました。当然、包装はされていません。
この分野に一号機を投入し売り出してみたのですが、
あまり売れませんでした(笑)

やはり時代としては、豆腐屋さんで買うようなスタイルだったんです。

創業時の作業風景

しかし、三重県の小さな町で東洋電機という会社が包装機を作り始めたという話は話題があったため広がりました。そしてその話を聞きつけた別の会社から依頼がきたのです。
粉末のパーマネント剤(髪のパーマ用粉)の包装機の依頼でした。
これが粉末用包装機械に関わったキッカケです。

この粉末用包装機は初めての事だったので開発がとにかく難しかったです。試作機を作り続けた結果、何とか納品できましたが、完全に赤字でしたね(笑)
代わりに粉末の包装技術という非常にいい勉強をさせてもらいました。

これが弊社の業界トップクラスの粉末包装技術のスタートとなりました。
この時の包装機械は上から下に向かって包装の工程が進んでいくので「縦型」と呼びます。

その後も、パンを包装する機械を作ったりしましたが、あまりパッとしなかったです。そんな弊社の製品が売れ始めたのが、江戸時代から続く販売手法の配置薬(大和の置き薬で有名)用の包装機械を作ってからです。

それまでの薬と言えば、100年近く「紙」で五角形に折った密封されていない包み方でしたが、法律の改正により密封包装が義務づけられました。私たちはこの法律改正の際に、密封できる薬用の包装機械を作り、配置薬会社が集まる展示会に「配置薬用の縦型自動包装機械」を出展しました。そうしたところ月に1台ペースで売れ始めたのです。

昭和40年代になると、日本経済は飛躍的に発展しました。スーパーなど小売店の出店が増加し、消費者はスーパー等で買い物をする生活スタイルへと変化していったのです。
スーパーで商品を販売するためには当然ながら「包装」が必要です。
ですからスーパーの発達と同じく包装の需要も飛躍的に伸び始め、包装業界も発展していきました。
薬用の包装機も順調に売れていましたし、今後の包装業界の将来性も確かなものだと感じましたので、私たちは昭和41年2月10日に三重県から事業をするのに便利な大阪に移転しました。

大阪の倉庫前で、縦型包装機を撮影した写真

大阪に移転した当時は、お金もまだ無かったので川本の友人の工場の駐車場を借りてそこで製作していました。

写真右側のシャッターが開いている場所が借りている駐車場これが大阪でスタートした姿です。

【参考動画】ちなみに、こちらが現在の縦型の包装機です


接合するシール部分はこのように動きます


ここだけを見ると簡単な動きに見えますが、当然ながら1台1台商品や内容物に合わせて緻密な設計が必要となります。
省スペース+比較的安価で作れるので、現在でも受注の多い商品です。

移転後、大阪でも色々な展示会に出展し営業をしましたところ、「砂糖」や「だしの素」など本格的に粉末用包装機の仕事が増えてきました。
そして、昭和42年7月22日に先代の社長 川本と私、阿倍、飯沢という4人で「株式会社 東洋自動包装機製作所(旧社名)」を設立したのです。

昭和42年当時の写真

川本は営業、阿倍は旋盤(部品作り)、飯沢は事務(管理)、私は技術(設計~製造)という役割分担をし、会社は順調に売上を伸ばしていました。そして、昭和51年に川本から社長を任され、私が2代目の社長となったのです。
(残念ながら川本、阿倍、飯沢も亡くなり創業者は私だけとなりました)

その後、他社の包装機に先を行かれたこともあり、一時期、売上が落ちた時もありました。「このままでは会社が危ない」と思い、私はある決心をしたのです。

それが、業界No1の包装機械を作ることを目標に、「世界初の新しい方式の包装機械作り」に取りかかることでした。

それまでの包装機械は工場のラインのように「横に移動しながら内容物を充填し包装していく」か、「上から下に移動する縦型で包装していくか」のどちらかでした。
しかし省スペースでありながら、包装スピード(1分間に大量の商品を包装する)を上げるためには「円形」に動きながら、内容物を充填して包装する方が良いと考え、これまでにないまったく新しい動きをする包装機の開発にかかったのです。
そして3年以上かけて開発した新包装機が、現在も弊社の主力商品ともなっている「ロータリー式の自動充填包装機」です。
※充填(じゅうてん)とは、中身を詰めることです。

現在のロータリー式自動充填包装機

実際にこのロータリー機がどのような動きをするかはこちらの動画でごらんください。これがこれまでと圧倒的に違う高速スピードを可能にしたロータリー式です。
(包む商品によりますが1分間に最大1000包の包装が可能です。つまり1秒間に16包~17包です)

一口に3年の開発と言っても、何しろ世界初の試みですからこのロータリー機の開発には本当に苦労しました。
何度試作品を作るもずっと失敗続きでしたし、
一号機は恥ずかしい話、動作不良で納品後に返品されたこともありました。

しかし、それでも改良を加え作り続けました。
この時点で費用も当時で5000万円(現在なら2億ほど)くらい使っていましたでしょうか。
当時は20名ほどの会社でしたし、正直申しましてお金も無くなってきていました。経営危機と言ってもよかったでしょう。

しかし、設計者としてどうしてもこの「ロータリー式」を実現させたかったし、
この機械を完成させなければ、会社の未来は無いという必死の思いで完成させたのです。

そんな私の苦労を見ていた富士食品工業株式会社の購買部長さんが
「よし!買うたるわ」と完成した最初のロータリー機を購入してくださいました。
このロータリー機を納品した時の喜びと感謝は今でも忘れられません。

そして、ここからトパックの躍進が始まりました。

ロータリー式(R型)をベースにした包装機は、高速で充填包装ができ、メーカーの生産効率が上がるため、飛ぶように売れました。そして弊社の売上もV字回復し、一気に成長していきました。

ロータリー式をベースと言ったのは、詰める商品(形状、重さ等)が違うため弊社は1台1台オーダーメイドで作ります。ですから、完成した製品は同じように見えても形が違うんです。

私たちには、資産と呼べるものは顧客の要望に応えられる包装機作りの技術しかありません。そしてこの技術は社員や人が持っています。
「技術」と「社員」を大事にする企業理念をベースに、その後も会社は成長し続け設立20周年を迎える頃には100人規模の会社となっていました。

正井社長

ロータリー式も売上が好調で会社も発展を続けていたこの20周年の機会に、「会社を見直してみよう」と考え若手社員と私で、CI委員会というチームとプロジェクトを立ち上げました。
そのCI活動を通じ「今後発展し続けるための近代的な社名」「社是」そして「今後の会社はどうあるべきか?」を1億円ほどの経費と2年以上の歳月をかけて作りなおしたのです。
結果、昭和62年2月に社名を現在の「株式会社トパック」へと変更し、CI活動に参加した若手社員の意見をもとに「4つの企業理念」を明確にいたしました。
この理念に沿って私たちトパックは現在も活動しています。

もし、あなたが、これからお話しする企業理念に共感できるのであれば、
トパックはあなたを歓迎いたします。
しかし、この企業理念に共感できないのであれば、せっかくここまで読んでいただいたのに大変申し訳ないですが、他の会社を就職先として検討していただきたいと思います。
このような事を会社の求人ページで言うのもどうかと思いますが、私が先代に「ウチに来ないか?」という誘いから今があるように、就職とはあなたの一生を決める大事なものです。

機械設計

ですから、仕事の内容だけではなく、弊社の事を知っていただき、自分が求めていたのはここだと思った場合のみ応募をご検討ください。
私の昔話や会社の軌跡を話したのも、そういった判断材料としていただきたいからです。
これからお話しする企業理念に共感した人たちがトパックを理想の職場として選び、現在の会社を支えてくれています。

もし、トパックが大事にしている思いに共感できるのであれば・・・
またあなたが、設計職として包装機械の設計を一生の仕事としたいと思うのなら・・・

これから以下に記載する内容をお読みになり応募するかをお決めください。

私たちは無理に人数だけを増やすつもりはありません。この株式会社トパックという会社が「あなたに合うと思った」のであれば一緒に働きたいですが、合わないと思った場合は、お互いのためにはならないので決して応募されないようお願いしたいです。

株式会社トパック,代表取締役社長 正井敏夫

社名トパックに込められた意味

こちらが弊社のロゴです。
トパックロゴマーク

TとPで構成されているロゴにこめられた内容は

  1. 清潔感
  2. 一体感
  3. ダイナミックな躍動感

を表現し、新しい時代に常に対応し
発展、上昇していく姿を表現しています。

採用した色は、「さわやかなスカイブルー」
清潔感や躍動感を表現するために、空や海のイメージをモチーフにしました。

私たちはこのロゴを大切に扱っています。
あなたも入社した時にはこのロゴのついた制服や名刺をもってトパックの優秀な技術者として技術と人間力を磨き続けてください。それが私の願いです。

また、トパックという会社名ですが、包装機メーカーとしてはとても珍しい名前です。私たちの旧社名「株式会社 東洋自動包装機製作所」のような会社が多い中で包装機メーカーらしからぬ社名にしました。当然、この社名にも意味があります。

この社名はカタカナではなく、【 TOPACK 】というアルファベットの綴りに意味があり、“TO”という文字と“PACK”という文字からなっています。

この文字には当社のポリシーを込めていまして、

Technology Oriented
(技術志向の姿勢)
Total customer satisfaction
(顧客を充分に満足させる)
To the customer's specifications
(あらゆるニーズに応じた製品づくり)
Being the Top packaging machine manufacturer in the world
(包装業界のトップメーカーを目指す)

というこれらすべてに共通する“TO”という文字と、事業内容を表す“Packaging(包装する)”からとった“PACK”からなる言葉が社名となっています。

TO + PACK でトパックです。

トパックが大事にしているもの

トパックが目指しているものは、「優れた包装機づくり」と企業活動を通じ、「社会に貢献していくこと」です。社員はもとより、弊社を取り巻くすべての人々が、豊かな未来をつくっていくために、最善の努力をしています。

弊社の企業理念は、以下の4つの誓いがあります。こちらに共感いただけるのであれば、私たちはあなたを歓迎いたしますので、エントリーフォームにお進み下さい。

和を大切に、よりよい協力関係を築きます

「社員は会社のために、会社は社員のために存在する」という考え方を大切にしています。
企業、社員、関係各グループがお互いに理解を深め、“顧客のため、社員のため、社会のため”によりよい協力関係を築き上げていくことを目指しています。

この理念により周囲とのコミュニケーションが苦手な方や、他の人の価値観や考え方を大事にしない方は、採用選考で合格することが難しいかと思います。

優れた包装機づくりを実践します

製造メーカーとして、常に独創的な技術開発に取り組んで、MADE IN JAPANの優れた包装機の提供と、きめ細かいサービスを実践します。

私たちは機械を作るメーカーです。包装業界を引っ張り続けるためにも、技術の向上に常に取り組んでいます。
設計職は職人の世界です。頭の中で考えている時間が非常に多く、経験も必要です。一人前になるまで10年はかかります。またその後も勉強をし続ける必要があります。
トップクラスの機械設計職として「一生勉強する気持ち」でいてください。
またお客様の会社と直接、電話や対面でのやりとりもあります。
私たちの給与は会社からではなく、お客様から支払われています。入社後は顧客満足という点にも目を向けてください。

豊かな人間企業を目指します

「豊かな愛情ある会社づくり」を掲げ、社員それぞれが自己を高めていくとともに、共感の和を広げ、人間性を大切にした企業としての理想を目指しています。

私たちの会社は「人」がすべてです。私たちの仕事は流れ作業ではないですし、ルーチンワークでもありません。考えて行動しないといけないのです。
そのような「人」によって会社は支えられています。
私は社員を家族的な気持ちで大切に思い、経営をしてきました。経営的に苦しい時もありましたが、その際、配置転換はしてもリストラは一度もしませんでした。
当社は「人」で成り立っています。入社後もその「人」という部分をどんどん磨いてほしいと思っています。

ここに関しては、インタビューを受けた動画がありますので、掲載しておきます。

発想は自由、行動は1つ

社員一人一人の「自由な発想」と「豊かな個性」を尊重するとともに、「旺盛なチャレンジ精神」を持って、一丸となって行動できる人材の育成を図り、社員と会社の実りある成果を追求します。

社員一人一人の発想や考えを大事にしています。個性のある発想も歓迎します。その発想を大事にしてトパックは大きくなってきました。
しかし、残念ながら発想だけで事業経営はできません。大事な事は、発想を形にすること。つまり「行動する」ことです。
この行動を一人一人の自由にしていては、会社は成り立ちませんので、議論の結果、行動が決まったらその目標に向かって「全員で一丸」となって突き進みます。場合によっては、自分の意見ではなく、他の人の意見に沿って動くこともあるでしょう。その時も「和」を大事にし、「一丸となった行動」をしましょう。という思いでこの内容を理念にいれております。
社員の発想が豊かであるほど、形にすることが大事なのです。

あなたはこれらの企業理念に賛同できますか?私たちと価値観を共有できますでしょうか?

弊社は働きやすい職場であると思っていますので、
定年まで働くかも知れないあなたの今後の人生と密接に関係するかと思います。
ですから、価値観の共有を非常に大事にしています。

そんなトパックは
設計者が働きやすい環境に自信があります

トパックは「改善」という言葉が非常に好きです。
なぜなら、問題を改善していかなければ、企業に発展はありませんからね。
これまでも色々なことをしてきましたが、現状に満足することなくこれからも改善を続けていきたいと思います。

私は「社員とその家族の生活を守る」のが会社の重要な使命だと考えています。これは私が引退し次の代になったとしても、守っていくべきものだと考えています。

トパックは「人」がすべて。
その社員と家族の生活を守るためにも、トパックは発展し続けていかなければなりません。それが経営者としての誓いです。

そんなトパックで設計職として働くことであなたはこのようなメリットを手に入れることができます。

機械設計という「モノづくりの王道」を仕事にできます

「モノづくりがしたい。」この求人ページをご覧いただいている以上、あなたは、きっとそう思っているのではないでしょうか?

モノづくりにも色々とありますが、「将来は機械設計をしたい」と思い、学校で機械工学を勉強しても、就職活動の関係でまったく違う仕事に就いている方も珍しくありません。しかし、今、求めている道が目の前にあります。

さらに私たちは、あなたが入社後、優秀な技術者になっていただきたいので、職場ローテーションとして他の仕事も経験していただきますが、我々はあなたを設計職として採用いたします。ぜひ、機械を作りたいという夢をトパックで叶えてください。

将来的にはゼロから最後まで
「一人で一台を設計すること」ができます

例えば「自動車の設計の仕事」をしたとしても、新車製作は大がかりなプロジェクトとなるため、すべてを一人で設計することはあり得ないでしょう。
つまり、与えられた箇所(パーツなど)を大人数で設計する事になります。他社の設計職の場合、このような事は多いです。

弊社でも大がかりなプロジェクトの時は複数人で設計することもありますが、基本的に、一人前になった後は一人で一台を設計していただきます。
頭の中のものを形にする仕事のために、他の人が頭の中を覗くことができません。
ですから社員1人1人を信頼するという我々の考え方からこの体制が可能となっています。

設計

あなたが設計した図面をもとに、社内の専門部署が資材と部品を調達し、製造に入ります。
逆に言いますと、あなたの設計自体が間違っていた場合、機械が完成しない、そして納品を楽しみにしている依頼をしたお客様にも迷惑をかけてしまいます。この責任感が技術力をアップさせます。

仕事は楽しいことばかりではありません。流れ作業の仕事ではないですし、オーダーメイドで無から有を作る仕事である以上、多くの場合、何かしらの予期せぬトラブルがおきます。そのトラブルを未然に防ぎ、または解決する技術力を将来的に身につけていただきたいと考えています。

※もし、一人一台という責任のある設計は嫌だと思う場合、当社に入ることはマイナスになってしまいます。その場合は、残念ではございますが他社の求人をお探しください。

高い設計技術力が手に入ります

あなたの先輩や上司にあたる人が業界最先端の技術を持っています。そして、設計部署は現在約20名という少数精鋭です。
この中で揉まれる事により、高い設計技術力が手に入ります。

先輩社員たちは殆どの場合、一台を一人で設計しています。そんな優秀な先輩について、どんどん技術を吸収していってください。
入社してすぐに設計ができるとは我々も思っていません。ですから、分からない事は先輩社員たちにどんどん聞いて、技術力を上げていただきたいと思います。
そうすることにより会社の技術もどんどん上がっていくのです。

あなたの悩みを分かってくれる先輩社員がいます

トパックの設計職は新卒として入社した社員の方が多いです。ですから、入社したての新卒時代の苦労などもよく知っています。
どんどん先輩社員を頼ってください。



設計部署は
社内でも有給休暇の消化率が非常に高い部署です

エンジニアの職場と言うと、遅くまで残業して休日出勤して、有給休暇も取得できない会社が多いのですが、仕事が一区切りつく仕事のスタイルですので、皆さん有給休暇も取得しています。
さらに会社全体としても有給取得率は日本企業の平均より高い方だと思います。

ただし、残業や休日出勤に関しては正直に申しまして、あります。

それは取り組んでいる機械の納品までのスケジュール次第ですが、お客様の工場に納品しないことにはお客様が商品を生産できませんので、間に合わせるためにも残業や休日出勤などはあります。

ただ、労働基準法は遵守していますので、残業代金などお支払いしていますし、代休も取得していただいています。
このようにメリハリがある部署なので有給取得率も高いでしょうし、それでいいと私も思います。

仕出し弁当を食べる場合、昼食代を約半額負担します

タイムレコーダーの静脈認証に指を通し出退勤を報告します

会社指定の仕出し弁当を食べる場合、昼食代を約半額負担してもらえます。
弊社の周囲に食事をする場所はあるのですが、殆どの社員はお昼休みに食堂で昼食をとっています。
社員の皆さんは朝出社して、タイムカードを通す際に、「今日はお弁当がいるかどうか?」もシステムで打刻します。

“お弁当がいる”を選択すると、お昼休みに
お弁当屋さんの株式会社リッチさんが食堂にお弁当を持ってきてくださいます。そのタイムカードシステムと給与も連動しており、給与支給時に昼食代が差し引かれます。
会社負担前の定価は495円です。(この半額で食べられます)

栄養バランスが考えられた、種類豊富な日替わりメニューのお弁当、汁物とご飯が温かいのも好評です

長く働ける職場です

弊社は人を大事にしています。当然ながら会社で育てた新入社員に長く働いていただきたいと思っています。

実際、弊社の平均勤続年数は長く、定年まで働ける環境です。
代わりに、平均年齢が41.2歳(男性41.4才、女性36.7才)となっているために、ニュースでも話題になっている団塊の世代の定年退職などもあります。ですから今後は採用に力を入れて若い方々にも入社していただきたいと思っています。

働きやすい職場環境を常に目指しています

2009年1月に、厚生労働省より「職場風土改革促進実施事業主」の指定も受けました。
女性の産前・産後休業や育児休業はもちろん、2017年には初めて男性社員が育児休業を取得しました。
今後も社員が安心して働ける職場環境を目指して、仕事と育児や介護を両立しながら働けるよう整備していきます。



会社の持っているリゾートマンションを
1泊1人500円で利用できます

和歌山県周参見町に保有している会社所有のマンション(部屋は7階)があり、温泉やプール、テニスコートもあり、家族等とゆっくりリゾートを味わえます。
夏の土日等は社員からの宿泊申込が多いため、抽選をしています。

リゾートマンション

出社時の服装は自由です。殆どスーツを着る機会はありません

更衣室

制服に着替えるため、出社時の服装は自由です。殆どスーツを着る機会はありません。
更衣室があり、出社後、その更衣室で制服に着替えて職場に行きます。
修理やメンテナンスでお客様の会社に行くときも、そこで機械を触り汚れるため、スーツで行くことは営業職以外ほぼ無いです。

皆が制服のため今日は何を着ていこうかと悩む必要はありませんし、出社は普段着で構いません。

基本給以外にもさまざまな手当があります

基本給以外にも家族手当、地域手当、資格手当、運転手当、住宅手当などがあります。
支給要件はそれぞれに決まっていますが、多くの会社が仕事に関係のない手当を廃止する中、属人的な給与体系を残しているのも弊社の特徴です。

いかがでしたでしょうか?

他にも色々とございますが、トパックがあなたにとって働きやすい職場であるとご理解いただけましたか?

あなたに、「トパックに入社して良かった」と思ってもらえるよう
会社として努力をしています。

「人間味があふれる技術設計職の会社」

採用担当

これは実際に、会社に来ていただくと分かると思いますので、ご興味がありましたら、後ほど出てくる「仮エントリーフォーム」に登録後、職場見学にお申し込みください。
弊社の採用担当である社長室の村上(むらかみ)が会社をご案内いたします。

包装業界を取り巻く環境とトパックの方向

包装業界はあなたにとっても深く関わる業界ですから、変にごまかす事はせず、正直に現状と未来を話しておきます。これを理解された上で応募をご検討下さい。

包装商品

包装機械の主なユーザーは食品メーカーで、弊社でも開発する機械の6割は食品メーカーからの依頼です。食品メーカーに次いで、化粧品や医薬品などの化学工業向けが多いです。

包装機械の製作依頼は、工作機械(機械部品を作り出す機械のこと。例えば、自動車を作る機械etc)ほど景気の影響は受けません。
この理由は、食品メーカー自体が、人が生きていくために必要な「食品」を扱っているため、景気の影響を受けることが少なく、生産にかかる設備投資も比較的安定しておこなわれるからです。
ですから会社の方向性さえ間違わなければ、他業種に比べて大きく景気に左右されることも少ないです。

包装業界の歴史は古く、昭和40年代のスーパーの増加に伴って、様々な商品が生まれ包装業界もそれに付随し大きな産業となりました。
しかし、現在の日本はご存じの通り少子高齢化により、食品の需要量が減っています。
よって、国内の工場へ設備投資をする企業は以前より減っているのです。

高齢化

そのような背景から国内の食品用包装機の需要は減ってはいますが、逆に少子高齢化により発展している業界があります。
それが医薬品業界です。

お年寄りの方が若い人より薬を使うために、医薬品の業界は伸びています。このような背景から、国内の医薬品用包装機の需要は増えているのです。
しかし、海外に目を向けるとまったく状況は変わってきます。

MADE IN JAPANのブランドと本物の技術力をもって海外進出をしてみると、食品も医薬品も需要が増えています。特に中国など成長著しい国では商品開発がどんどん進み、昔の日本のようにスーパーの出店増加など包装機への需要は非常にあるのです。

グローバル

私たちトパックは、このような状況を見ながら、日本国内だけではなくグローバルな世界視野をもって、事業戦略を立てています。
具体的に書いてしまいますと、企業戦略をWEB上で公開することになりますので差し控えますが、価格競争ではなく、既存顧客を大事にしつつ、さらなる顧客のニーズとウォンツに合った包装機械を作っていくことでトパックの未来は明るいと思っています。

そこに食品や化学品など商品がある限り、そして購入する消費者がいる限り商品を「包む」という工程はなくなりません。

弊社は高速充填包装を可能にした世界初のロータリー式(R型)を開発した会社であり、「小袋」の包装機に強いので、「小袋で包む」際に使う機械として、全世界がトパックの機械を選んでいただけるよう努力をしていきます。
それはつまり、あなたの技術力も世界に向けて発信されていくのです。

『 MADE IN あなた 』を是非、世界中に広めてください。

ここで、実際に働いている先輩社員の声を掲載いたします。
あなたには仕事の詳細を知っていただき、就職活動の判断基準にしていただきたく
正直につらかった事も話していただきました。
設計の仕事がどういったものかお分かりになると思いますので、是非ご覧下さい。

先輩社員の声

古川/主任 1998年入社

先輩社員

私は1998年4月に新卒で株式会社トパックに入社しました。
就職活動の時は、大阪で設計の仕事を探していました。ほとんどの会社は「設計」はあっても製造(工場)が別の会社ばかりだったんですよ。でも自分は、工場もある(製造もしている)会社で設計をしたかったんです。その方が、製造の事を考えた本当の設計ができると思いましたので。

結果、「大阪で設計をしたい」+「工場のある会社」を探していたらトパックに行き着きました。当時はこのような求人ページはなく、学校にきていた求人票をもとに見つけたのですが。

入社して「アットホーム」というところにビックリしました。
町工場みたいな感じでしょうかね。
たぶん、企業間取引(B to B)という業種からかもしれませんが少しおっとりした感じでした。仕事ってこんな感じ??と思いましたから。どう考えても学生時代にバイトしていた飲食店や運送会社の方が厳しくてきつかったですね(笑)

設計の仕事って、図面が完成しても上司から見直してもらえるということが基本的にできません。なぜなら、チェックをしようにももう一度、同じように図面を一から書く必要がありますからね。
たとえば、ロータリー式を設計する場合、独自の部分が簡単なものでも500図面ほどありますし、部品まで入れると3000図面ほどになります。これをチェックとなると想像以上の時間と工数がかかるため、やりようがないんですよね。一人で設計を始めると、本当に自分の設計次第というのを感じますね。

大体1台を新規で設計するのに、少ないときで200枚、多い時で1500枚ほど図面を書きます。1日20~30枚が平均ですが、複雑なモノは1日で1枚かかるときもありますよ。

設計時に過去に作った機械で使った部品の図面などを使ったりもしますので、3000図面すべてを書くと言うことはほとんど無いですね。「今回のには、以前使ったあの部品が使えるな」など頭の中の本棚から引き出すという感じです。これは、経験をつめばできるようになりますよ。そうやって過去のも使わないと、1台を設計するのに多大な時間がかかり、それはお客様にも会社にも迷惑をかけますからね。

先輩社員仕事

これまでで一番大変だった仕事は一人で新規を四台(しかも1か月の短納期)設計したときです。
本当に大変でこのときは正直、残業はかなりしました。
月80時間は超えていたと思います。この残業は納期によってバラツキがありますね。
とにかく、一人で1台を設計するのは、大変ですけど、楽しい部分もある。そんな感じですね。ただ、自分の頭の中にあったものが形になって、ちゃんと動くのは満足感と達成感はすごくありますよ。

この仕事というか、トパックの設計職で人任せな人は、向いていないかもしれません。1割~2割は一人ではなくチームで設計します。だから、お互いが相手に丸投げをしていてはダメなんですね。お互いがお互いの進捗を気にする方がいいです。
分からないことを質問してこない人は設計に向かないので、疑問に感じたことはどんどん聞いていきましょう!それが成長するコツですよ。

柴田/主任 1997年新卒入社 工学部機械工学出身

「再生時間:7分20秒」
上の再生ボタンを押すと動画が始まります。
※音がでますのでご注意ください

いかがでしたでしょうか?
少しは仕事のイメージができましたか?

会社説明会に来られた際は、先輩社員との質疑応答の場も作りたいと思いますので、
その際は、遠慮せずにどんどん質問して下さい。
会社のことを知るためには実際に働いている先輩の声を聞くのが一番ですからね。

トパックの仕事は社会に貢献できる

弊社は依頼をいただいたメーカーの先にいる「消費者の事」も考えています。

私たちの設計した機械の性能次第で、1分間に製造できる商品の数が決まってきます。(例:1分間に10個しか包めない機械であれば、1時間に600個しか生産できません)
また、包むための「フィルム」や「袋」をどの大きさに切って綴じるのか?も包装機が影響してきます。
これらは1個あたりの商品原価とも密接に関係するため、最終的に消費者が手にする販売価格にも影響を与えるのです。

小袋包装

できる限り、包装コストを下げる設計をしつつも、精度の良い機械を開発しなければなりません。それが当社のみならず日本経済のためにもなるのですから。

また、私たちが設計する機械を導入することで、お客様の会社も生産にかかる費用が大幅に減ります。
人間の手で私たちの包装スピードを実現させることは不可能です。つまり、依頼いただいたお客様にとっては労力を大幅に削減することが出来ます。
お客様の原価率を下げ、利益率を上げることで、お客様の会社の社員の生活も支えています。

あなたが設計した包装機械により、関わる人たちが幸せになる。それがトパックで仕事をするということです。

私たちは包装機作りに誇りを持っています。大変ですが、無から有を作るモノづくりのやりがい。頭の中にあるものが世の中に生まれる達成感。実際に稼働した時の満足感。このような充実感を味わえることが楽しくて、私は今でも新しい包装機の事を考えています。

私が感じる機械設計のやりがいに関して、
インタビューをいただいた動画があります。こちらをご覧下さい。

「再生時間:57秒」
上の再生ボタンを押すと動画が始まります。
※音がでますのでご注意ください

今後も、包装業界を引っ張る会社の一つとして私たちは、
未来を創っていきます。

しかし、私ももう77才です。
設計は一生やっていく気持ちはありますが、社長としては、次の若い世代に引き継ぎをしているところでもあります。

それと同時に、弊社の年齢構成は少しイビツなのです。
社員の勤続年数も長く、大がかりな採用活動はこれまでしていませんので、若い世代がまだまだ少ないと感じています。
「包装」は商品販売のために、とても重要な工程です。

そこで、トパックのためにも包装業界のためにも新たな若い人材を募集するのです。

新卒採用はできるだけ継続的に続けていきたいと思っていますが、育てるためには先輩社員が新入社員一人について教えなければいけません。

それは、先輩社員の仕事にも影響を与えますし、お客様にも影響を与えます。ですから、20名の設計者しかいない弊社の規模では多くの人数を採用することはできません。

今回も新卒で入社できる切符は数枚(若干名分)しかご用意できませんでした。

もし、あなたが「モノづくりを自分の仕事にしたい」という想いがあり、
一人で一台設計が出来るようになる機械設計をしたいのであれば、株式会社トパックはきっと求めていた職場です。

その場合は、以下の募集要項をご覧いただき、ぜひ、当社の門をたたいてみて下さい。

私が先代の社長から「何か新しいモノを作ってくれないか?」と誘いをもらった日がターニングポイントであったように、また現在の社員がトパックに出会ったことが社員の運命を決めた日であったように、将来、あなたが振り返ったとき、今日が人生のターニングポイントになることを祈っています。

株式会社トパック,代表取締役社長 正井敏夫

設計職(新卒採用)の求人募集要項

募集職種
機械設計職
雇用形態
正社員
※3か月間の試用期間があります。
募集人数
若干名
業務内容
包装機械の設計・製図・開発・提案
※機械設計職の仕事は幅広く、製造や資材、営業などの部署と連携しながらお客様に納品する包装機づくりを統括する仕事です。
例えば以下の内容です。

1)包装機械の設計開発

弊社の商品ラインナップは大きく分けて「ロータリー式」、「縦型式」、「多列式」、「給袋包装」の四種類があります。
詳しくは自動充填ソリューションをご覧下さい。
これらのタイプをベースにし、お客様の要望にあわせて一台一台オーダーメイドで製作します。

ただ「包むだけの機械」ではなく「充填(商品を詰める)」という点が特徴で、粉末の商品を「小袋に充填包装する機械」は業界トップシェアを誇ります。

 新規の製作依頼もあれば、過去に納品した包装機の改造依頼やオーバーホール依頼(一度、分解し部品を修理、清掃しての再組み立てをして新品に近い状態に戻す)もあります。
これらの製品仕様を検討し、納期などからスケジュールを組み、図面作成や発注依頼などをおこないます。


2)CADでの製図

機械設計分野で学ばれた学生であれば、CADは触ったことがあると思います。
弊社で使用しているCADソフトは多くの企業で使われていて評価の高い富士通製のCADである「ICAD SX(通称:アイキャド)」を使っています。
学校で使っていたCADとは違うかもしれませんが、違っていても大丈夫です。入社後に覚えてください。

参考までにCADで設計する様子を簡単に柴田に説明してもらいました

柴田はロータリー式自動充填包装機を設計しています。

「再生時間:2分56秒」
上の再生ボタンを押すと動画が始まります。
※音がでますのでご注意ください


3)提案用お見積書の作成

営業担当者が仕事を受注する際や、過去に納品したことのある会社から直接、設計者に新規や改造の「見積依頼」が来ます。
この見積書を作るのも設計職の仕事です。そのためには、仕様を考え、必要な部品を考え、サンプル図面を作ったり等さまざまな仕事があります。営業担当者が新規受注できるかどうかも設計者のスキルが影響を与えます。(金額の見積書ではなく、必要部品などの見積です)

既存客への見積りも、お客様は部品に詳しいわけではないので基本的に「(部品名)が欲しい」と言われることはなく、「ここ一式交換して欲しい」などの依頼内容です。ですから、そこに必要な部品は何か?を図面を見ながら、必要な部品の見積りをするんですね。


4)受注前に機械のレイアウトや各種資料の作成

上記見積書ともからみますが、受注前にレイアウトを決めたり、仕様書が必要です。
その製作も設計職の仕事です


5)サンプル品の手作り作成

実際にどのような包装になるかをお客様に見せる際や、大きさなど仕様を決めるため「袋のサンプル品」を作ります。
当然ながら、サンプル品を作るための包装機を作れば時間と費用がかかります。

サンプル

さらに、お客様からいただいた仕様だと、包みきれない事もあります。ですから、ムダを省くためにもまずは、手作業で袋を作ってみます。(これは営業担当が作ったりもします)


6)社内・協力会社との連携や対応

設計職はプロジェクトリーダーと同じで、組み立て部署や、電気系統部署、部品外注先、部品管理部署、営業担当との連携が必要です。
部品手配や納期の確認、組み立てなどその包装機に関係するすべての方々と連携しながら仕事をします。

チームで包装機械を作りますので、密なコミュニケーションが必要です。


7)組み立てや出荷、納品・試運転への立ち会い

納品をして正常に稼働しているのを見るのが、私たち設計者の最大の喜びです。
ただ、納品時に必ず行くとは限りません。お客様の工場に設置する部署が設計部署と別にありますので、その部署が主に担当します。しかし、少し複雑な機械などの場合は、設計者も立ち会って納品をすることもあります。
あなたが作った機械の最後のお見送りです。次に呼ばれるときは、調子が悪いときかもしれません(笑)

基本的には、「連絡がないのが正常に稼働している知らせ」と言えますね。


8)お客様との電話応対や各種相談の対応など

「このような事はできますか?」「機械の調子が悪い」「部品(消耗品など)を購入したい」など、納品した製品の改造依頼やクレーム、各種相談などが営業担当を通さず直接、設計者に連絡がくる時もあります。
トパックは納品して終わりではないので、30年前の機械の修理依頼もあります。これらの対応も大事な仕事です。

勤務場所
〒547-0002 大阪府大阪市平野区加美東6丁目15-10
株式会社 トパック内

詳しい地図はこちらのアクセス情報をご確認ください。

最寄駅

JR大和路線「加美駅」から徒歩12分
JRおおさか東線 「新加美駅」から徒歩12分

応募条件
  1. 2019年3月に「機械工学科」系の卒業予定者
    または、2018年3月に「機械工学科」系卒業者
    ※大学院卒業、高等専門学校の専攻科卒業でも可能
    (ただし、CADなどを触る機械工学科系出身者に限ります)
    ※第二新卒者、既卒者の方も応募可能です。
  2. 機械が好きで、モノづくりをしたいかた
    ※設計職は機械が好きでなければ、やっていけない仕事です。
    就職活動は一生を左右します。一度ご自分に質問をしてください。
  3. この求人ページに書いているトパックの考えに納得されたかた

※上記3つの条件のすべてを満たす必要があります。
 待遇面のみに興味をもたれた場合は、応募はご遠慮ください。あくまでトパックの理念などに興味を持った上で待遇面でも満足いただきたいと考えているからです

勤務時間
平日  8:30~17:30(実働8時間)

※1か月精算フレックスタイム制という勤務制度を
 導入しています。必ず勤務しなければいけないコアタイムは
 9時~17時30分です。
※休憩は12時~12時50分と、
 15時~15時10分の合計60分間
※業務繁忙状態の時は残業があります。
 月に50時間以上の月もあります。
正直に申しまして設計部署が全部署の中では一番平均残業時間が多いです。当然ながら残業代は全額お支払いしております。

休日
土・日・祝日
年末年始休暇(計画付与を入れて12/29~1/4の7日間)
リフレッシュ休暇
(好きな月日で年に2日間、主にお盆休みとして取得されています)

※お盆はお客様の工場が稼働しないこともあり、その間に納品をする時もあります。お客様のスケジュール次第ではお盆に働くこともあるため、お盆休みではなく、リフレッシュ休暇とし、好きな時期に取得できるようにしています。

年間休日 122日(今年度)
年次有給休暇(法定通りに取得可能です)

※納品までのスケジュール次第では休日出勤がある場合もあります。ただし、休日出勤後できる限り代休を取得していただきます。

給与
初任給 合計 205,000円
(内訳:基本給 190,000円、地域手当 15,000円 )

※残業があった月は上記に
 残業代(時間単価×1.25倍~)がプラスされます。
※出張があった月は出張手当や昼食代手当、
 朝食・夜食代手当などがプラスされます。
※支給条件に当てはまれば家族手当、資格手当、運転手当、
 住宅手当なども支払われます。

通勤手当
全額支給します。(ただし、上限月額10万円)

※和歌山県から通っている方もいます。

諸手当
地域手当

こちらは全社員がもらっています。月額15,000円です。

資格手当

部署により必要となる資格が違いますが、該当する場合はお支払いします。

家族手当

配偶者(4,000円)+子供(1人1,000円)を毎月お支払いします。

運転手当

社用車を運転した人に「運転おつかれさま」という意味で支払われます。
前年の2月1日~今年の1月31日までに運転した距離を運転報告書として報告し、その運転距離実績をベースに月1000円か2500円か5000円が1年間毎月支払われます。

出張手当(国内)

日本国内に出張をした際は、社内の出張旅費規定に従って交通費の他、出張手当を支給いたします。
また出張時は昼食代手当(一食1000円)もでます。朝早い勤務(6時30分以前)の場合は朝食代手当、夜遅い勤務(20時以降)の場合は夜食代手当もでます。

出張手当(海外)

海外に出張をした際は、社内の出張旅費規定に従って交通費の他、出張手当を支給いたします。
(国内出張より金額は多くなります)
昼食代手当などは国内と同じです。

残業手当
(割り増し賃金)
残業代

サービス残業はありません

深夜割増

22時~5時の勤務時は25%の割増賃金をお支払いします。

休日割増

休日出勤時は35%の割増賃金をお支払いします。

昇給
年1回、5月に昇給があります。
賞与
年2回、7月(夏)・12月(冬)に支給されます

※2013年の平均支給実績
 夏(1.4か月分 357,000円)
 冬(2.4か月分 611,000円)

社会保険
労災保険、雇用保険、健康保険、厚生年金保険完備
(厚生年金保険は、通常より補償の厚い厚生年金基金です)
制服

制服

有り

※入社時に夏用2着、
冬用2着を会社が支給します。
※2年目以降は、仕事内容によってポイントがわりあてられ、そのポイントにて制服などを購入していきます。
※出社はスーツでなく私服でOKです。
(ただしトパック社員として恥ずかしくない格好)

 
退職金制度
有り

中小企業のための国の退職金制度である中小企業退職金共済(中退共)という制度に会社として加入していて、従業員の人数分の「退職金積立金」を毎月会社が支払っています。
勤続年数が長くなるほど、退職時に受け取る金額は上がっていきますので、ご安心ください。

詳細は、こちら→「中退共制度

※もし転職をされた場合でも、転職先が中退共制度を導入していれば、勤続年数を通算することができる制度でもあります。
※当社としては、長く働いた方に報いてあげたいという想いでこの制度を導入し、従業員のために積み立てております。

福利厚生
退職金制度あり

詳しくは退職金制度をご覧ください。

企業年金(厚生年金基金)加入

全国印刷製本包装機械厚生年金基金に加入しています。
こちらは、どの会社でも給与から引かれる通常の厚生年金保険料のみで、当社で働く期間が長くなるほど、老後に受け取れる年金が増える制度です。つまり、会社が年金の上乗せ部分を全額支払っております。トパックで働くことで、老後に通常より多くの年金を受け取ることが可能です。
※企業年金を多くの企業が廃止している中、トパックとしては従業員のためにも続けております。

財形貯蓄制度

※会社が社員に代わって貯金をしておく制度です。
 当然ながら必要なら解約もできます。

和歌山県のリゾートマンションに1泊500円にて宿泊可能
昼食代は会社が半額負担

※会社指定の仕出し屋さんのお弁当を食べた場合のみ。

永年勤続表彰(10年、20年、30年)があります。
(毎年2月起算)

インフルエンザ予防接種

スタッフにはやはり健康でいてほしいと思います。
最近のインフルエンザは死に至る事もあります。インフルエンザの予防接種は通常、病院などに行かなければ受けられませんが、忙しいビジネスマンはあまり行かない人も多いのです。
会社としては、スタッフの健康も守りたいので、産業医の協力のもとインフルエンザの流行前に、社内で好きな時間に予防接種を受けられるようになっています。

提携の賃貸不動産屋さんを使用すると仲介手数料無料

入社時は当然ですが、引越しをする場合も利用できます。

選考方法
書類選考、面接、適性試験
勤務開始日
2019年4月
※既卒・第二新卒者は、希望を考慮し決定します。
採用実績校
(五十音順)
大阪工業技術専門学校、大阪工業大学、大阪産業大学、大阪電気通信大学、大阪電子専門学校、関西学院大学、関西大学、関西情報工学院専門学校、京都科学技術専門学校、近畿職業能力開発大学校、近畿大学、甲南大学、電気通信学園、東北大学、日本大学、兵庫科学技術専門学校、名城大学、龍谷大学
企業情報
【 設 立 】1967年7月22日
【資 本 金】45,000,000円
【 年 商 】35.5億円
【代 表 者】代表取締役社長 正井 敏夫
【従業員数】154名(男子118名、女子36名)※2018.11月現在
【取引銀行】三菱UFJ銀行、みずほ銀行、大阪シティ信用金庫、
      日本政策金融公庫
【輸 出 国】
[東南アジア]:中国・香港・韓国・タイ・フィリピン・台湾・
        シンガポール・マレーシア・インドネシア・
        インド・ベトナム・ミャンマー・スリランカ・
        パキスタン・ネパール・バングラディッシュ・
        シリア
[オセアニア]:オーストラリア・ニュージーランド
[ヨーロッパ]:イギリス・オランダ・フランス・オーストリア・
        ロシア・ハンガリー・キプロス共和国
[北アメリカ]:アメリカ合衆国
[南アメリカ]:ブラジル
[中近東・アフリカ]:南アフリカ共和国・サウジアラビア・
           クウェート・UAE
【関連会社】
[東日本総代理店]  東洋パック株式会社(神奈川県横浜市)
[九州・山口地区総代理店]  九州東洋商会(福岡県福岡市)
関連工場  株式会社三雅(大阪市住之江区)
関連工場  三恵株式会社(高知県高知市)
関連工場  平湖三雅精密機械有限公司(中国 浙江省)

※応募方法は本ページ下部に記載しています。

応募方法を確認する

あなたが働く職場写真はこちら

設計に関わる場所
製造に関わる場所
本社
営業
更衣室
食堂
駐車場
加美工場団地

教育体制について

私たちの会社は少数精鋭です。
あなたが入社した場合、トパックの将来を支える基幹人材として迎えます。
また当社では、社員を優秀な人材に育てることが、理想の職場と会社の理念を実現するために大事な事だと考えています。

ですから社員教育に力を入れております。

新社会人になるあなたに、新人教育を社長室がおこないますし、外部のビジネスマナー研修などにも参加していただきます。
この研修で会社のことや社会人としての基礎知識を学んでいただきます。

その後、職場に配属されてからは、あなたの部署の先輩や上司が仕事を通じて、あなたにトパックの社員として必要なあらゆる知識や経験を提供します。
設計の知識も必要です、商品知識も必要です。お客様との接客スキルも必要です。提案や交渉の仕方なども教えます。
他にも人間力が高い社員が揃う当社では、人としても成長できます。

また、一つの業務に関する知識だけでは、その業務しかできない幅の狭い人材になってしまうと当社は考えています。

ですから、入社後に他の職種も経験していただきます。
そういった経験をすることで、視野が広がり優秀な設計者となれるのです。

こういった私たちが直接教える、OJT(オンザジョブトレーニング)と呼ばれる方法以外に、外部研修などにも積極的に参加していただいて構いません。
業務に関係する自己啓発は会社が全面的にバックアップいたします。
(例:海外出張に伴う英会話など)

設計者一人に任せる仕事の多い弊社での1年は、
他の会社の1年より濃いと思います。

ぜひ、どんどん成長して下さい。会社の資産は、社員です。
ですから、あなたの成長が、そのまま会社の成長に繋がります。

株式会社トパックのこれまでの内容に賛同いただけますか?

「人」と「技術」を大切にする会社として、私たちは『世界の包装業界を引っ張る会社』を創りました。

そしてトパックは永久に『人と技術を大切にする会社』であり続けます。

私たちが作る製品は、日本、いや世界中の食品・医薬品・化学品メーカーのためになるものであり、同時に最終消費者の生活も助けるものです。
例えば、高速充填包装ができる「ロータリー式」の開発により、短期間で大量生産ができる仕組みを手に入れた食品メーカーは大きく利益を増やす事ができました。

それはメーカーだけではなく、
そこで働く社員や家族のためにもなっています。

だからこそ、私たちは性能の良い包装機をもっともっと広めなければいけません。そしてそれは株式会社トパックに課せられた使命だと思っています。

ただ、「儲けたい」とか「売上を上げたい」というのではなく、包装業界の未来を創っている会社として、そしてオーダーメイドで作れる商品開発力がある会社としてやるべき事があるのです。

日本には優れた職人気質としての技術力と、きめ細やかな気配りがあります。
これは海外の企業と比較をすると本当に感じるところです。
日本は資源が無い国ですが、代わりに技術があります。
それは、世界一厳しい消費者と言われている日本人向けに商品を提供し続けてきた日本企業の努力の結果です。それは私たちトパックも例外ではありません。

私たちは、この優れた商品開発力を武器に、世界中から外貨を日本に持ってきています。外貨をいかに稼ぐかは国の発展に繋がります。
ですから私たちが発展することは日本の発展にも繋がるのです。

日本のためにも、このMADE IN JAPANの製品を世界中にもっともっと広めるために、私たちと一緒に働きませんか?

私は経営者として当社で働くスタッフの皆さんに長く勤めてもらいたいですし、そのための努力は惜しみません。今回の内容も当社の事を少しでも 詳しくご説明したいためにこれほど長い文章になってしまいました。

しかしこれは、入社後にあなたが「思っていたのと違う」と感じていただきたくないためです。ですから、これまでの内容を読んで、「自分には合わない職場かも」と感じられたのであればお互いのために応募はしないで下さい。
(求人募集のページでこのような事を言うのはどうかと思いますが)

でも、これまでの内容を読まれて「トパックで働いてみたい」と思われたり、もっと詳しく当社のことを知りたいと感じたのであれば、我々は歓迎いたします。もしそうであるなら以下の応募方法にそって選考に応募されるか、ご質問があればお電話やメールでお問い合わせください。

採用人数は若干名です。

人生は選択の連続です。そして人生は行動しなければ何も変わりません。このページを読まれて「これは人生での大事な出会い」と感じていただける事を祈っています。

株式会社トパック,代表取締役社長 正井敏夫

お気に入りに追加

応募方法(エントリー方法)

  • 手書きの履歴書(カラーの顔写真貼り付け)
  • 成績証明書

上記の書類を郵送でお送りください。
※「卒業見込み証明書」「健康診断書」は面接時にご持参ください。
※学校経由での応募(学校推薦)での応募も受け付けております。


郵送先
郵送先

〒547-0002
大阪府大阪市平野区加美東6丁目15-10
株式会社トパック  設計職 新卒採用係


応募に踏み切る前に職場見学をして判断したい場合は、
お電話またはメールにてご連絡ください。
※お問い合せの際は、「設計職の新卒採用の件で」とお伝えください

電話連絡先

“応募方法の詳細”や“選考試験の詳細”“説明会へのエントリー方法” をご案内しますので以下の登録フォームに、あなたのお名前パソコンのEメールアドレスを入力して送信ボタンを押してください。
送信後すぐにあなたの受信ボックスにメールが届きます。
(携帯のアドレスですと届かない場合がございます。ご注意下さい)


※登録したからといって必ず選考に応募する必要はありません。
 企業・業界研究にお役立て下さい。
 正式に応募されるかどうかはジックリと考えて判断してください。

いただきました個人情報は厳重に管理し、正式応募時の照合以外の目的には使用しませんのでご安心ください。

応募フロー

必須必須入力項目は、必ず入力をお願いいたします。

必須あなたのお名前

[例] 鈴木      太郎
フリガナ
[例] スズキ      タロウ
必須学校名
専攻学部(専攻学科)

[例] 大阪市大学 工学部機械工学科
卒業予定年
必須メールアドレス

[例] abc@example.com
必須確認用メールアドレス ※確認のためもう一度入力してください。
ご質問やメッセージなどありましたらご記入ください。
※長い文章を書いていただくこともできます。書き進めるとスクロールバーが表示され内容を確認しながら入力していただけます。
必須送信確認

電話連絡先

トパックが求める人材像

ただし、このような考えなら応募はご遠慮ください。

当社はただ設計職を増やしたいために求人募集をしているわけではありません。

もし、あなたが以下の考えをお持ちであれば
残念ながらトパックとはご縁がなかったと思って他の求人情報をお探し下さい。

実際に、選考に進まれたとしても不合格となる可能性が非常に高いので、それはお互いのために決して良くないことです。以下を必ずご確認ください。

  1. とにかく機械設計職として働きたいだけ
  2. どんな会社でもいいから、とにかく大阪で就職したいだけ
  3. 会社の方針に興味はないが、成長し安定していそうだから働きたいだけ
  4. 当社や私の考えに興味はないが、待遇面や人事制度が良さそうだから働きたいだけ
  5. 「モノづくりをしたい」という初心を忘れてしまい、生活のために働きたいだけ

いかがでしょうか?
上記のお考えをお持ちであれば、たとえ働いたとしてもあなたが満足できる環境を提供できるとは思えませんし、あなたの成長も間違いなく低くなります。

それは結果としてあなたのタメにもならないのです。
しかしもし、上記5つに該当しなければ私はあなたを歓迎いたします。

最後に以下の「よくある質問」をご覧になって、ぜひご応募ください。

また、以下の質問以外でご不明な点などありましたら
お気軽にお電話またはメールでご連絡ください。

電話連絡先

よくあるご質問

勤務時間・制度について   就業環境・その他について
応募・選考について

勤務時間・制度について

残業時間はどの程度ありますか?
設計職の平均は月35時間ほどです。
しかし、これは一定しているわけではなく、スケジュールによって左右します。
ただし、スケジュールは設計職が作りますので、ご自身で作られたスケジュール次第というところです。前半になるべく大変なところを終わらせるのがコツです。
サービス残業などはありますか?
ありませんし、させません。
労務管理に関しては社会保険労務士の先生のもと法律を守っています。

応募・選考について

第二新卒ですが設計職に応募できますか?
第二新卒の方、既卒者の方も応募可能です。
詳しくは応募条件の箇所をご覧ください。
中途ですが設計職に応募できますか?
応募は可能です。
ですが、その場合、本ページではなく、中途採用募集ページからご応募下さい。
電気学科を専攻しており、機械工学科出身ではないのですが、応募は可能でしょうか?
申し訳ありませんが、新卒採用の場合、CADや機械設計に関する学科からのみ応募を受け付けております。
工学部内でも、機械工学系(機械科、ロボット工学など)でなければ、設計職の新卒採用にご応募できない点はご了承ください。
※中途採用に関しては、機械設計の経験があれば良いため、他学科専攻でも応募できます。
機械工学科ではなく、機械科ですが、応募は可能でしょうか?
応募可能です。
学校により、学科の名前はバラバラかと思います。
ご自身の専攻分野が「機械設計」や「CAD」などの勉強を専門にした学科だと思われましたらご応募下さい。
新卒採用をする目的は何ですか?
先ほども申し上げましたが、弊社は職場環境を改善し続けているため、退職率の低い会社です。
退職率が低いことは非常にいいことなのですが、結果的に、平均年齢も高く、設計職には20代や30代前半の方が少ないのです。
包装機の設計職として一人前になるまで10年はかかりますので、将来のリーダーを探すとともに、人員補強をするべく新卒採用をしています。
ただし、規模が規模ですし、退職率の低い会社はどこもそうだと思いますが、社員が足りないわけではないので一度に大量採用はしません。ですから若干名の採用となっております。
成績証明書とはなんでしょうか?
学校が発行する、あなたの成績通知書です。
詳しくは学生課・就職課などにご質問ください。
会社説明会や会社見学などもありますか?
あります。まずは、仮エントリーをしてください。
応募はいつまで受け付けていますか?
採用者が決まりしだい、設計職(新卒採用)の求人は締め切らせていただきます。応募はお早めにされてください。

職場環境・その他について

お客様はどのような方々ですか?
最終ユーザーは一般消費者です。
しかし、私たちが製作した「自動充填包装機」を納めるのは食品メーカーや医薬品メーカー、化学品メーカーなどです。
日本だけではなく、世界中の企業に納品をしています。
会社に社員は何名いますか?
2018年11月現在、154名です。
今後も随時、新卒を採用していきますので、あなたの後輩も入ってくることでしょう。
電話やメール応対などもありますか?
様々な企業と直接やりとりをしていただきますので、当然ながら電話やメールでの応対があります。
また来客もありますので、営業担当者と一緒に来客対応もします。
営業や接客はありますか?
あると言えば、あります。
ただ一般的なイメージの営業や接客ではないです。
設計職の場合、提案設計というのをおこないます。営業が仕事を受注するために、「見積り(金額ではない)」が必要なのですが、その見積を作ることができるのは当然ながら設計職です。ですから、見積書を作るための設計もあります。
正直に申しますと、せっかく見積書を作成しても、残念ながら契約にならないことはあります。これはお客様もビジネスのため100%契約になると言うことはあり得なく、仕方がないことです。
入社に際して会社の近くに部屋を借りたいと思いますが、いい不動産会社はありますか?
大阪の不動産会社も様々で残念ながら信用がおけない不動産会社もあるのが現状です。 そこで、トパックとしては社員に安心して家選びをしていただきたいという気持ちから信頼できる不動産会社と提携をしています。
提携している不動産会社の詳細はこちらをご覧ください。(当社経由でなければ、手数料無料にはなりませんので、ご注意ください)
当社の提携不動産会社経由で契約した場合は、安心して家選びができますし、さらに仲介手数料が無料になりますのでご利用ください。また、入社時だけでなく、入社後に引っ越したい場合でも活用できる制度です。
掃除などもありますか?
掃除は大事です。毎朝掃除をすることを全社員が心がけただけで、売上が上がった企業などもあるのです。
あなたにもせめてご自分の机くらいは掃除をお願 いします。
設計を仕事にする上で大事なポイントは何かありますか?
ものづくりに「こだわりとプライド」を持ちながらも、会社や周囲の意見を「素直に聞ける耳と心」を持つことです。
「自分はこれがいい」と思っても、相手が満足しなければそれは決して「最良ではない」んですね。ボランティアや研究で包装機械を作っているわけではない以上、かならずそこに、その機械を購入し使うお客様がいます。
プライドやこだわりは大事です。これが無ければ成長しません。
しかし、頑固になってはダメなんですね。お客様の目的を達成させること。これが、一人前の設計者です。
求人のお手伝いをしたいのですが担当の方にお電話してもよいですか?
担当企業が決まっておりますので、求人媒体や人材紹介のセールス電話はおやめください。

その他、ここにない質問などは
お気軽にお電話またはメールでお問い合わせください

電話連絡先

追伸

私は「自動充填包装機械」の設計という仕事に誇りを持っています。

モノづくりをする。機械を作る。無から有を作る。
作ったものが世界中で活躍する。

そんな充実感を感じられるのがこの仕事です。
私は一生、機械設計者です。

ですから、社長室とは別にあなたが働く設計部署にも私の机があります。

私は現在77才。あと、数年での引退も考えています。
その私に残された仕事は、トパックの将来を担う優秀な設計者を採用し、
しっかりと次の代に引き継ぐことです。

「人と技術を大事にする会社」
「社員とその家族の生活を守る会社」
「包装業界のトップを走り続ける会社」

こういう会社を創りたいと思ってここまでやってきました。
そして、働きやすい人間味あふれる会社ができたと思っています。

新卒での就職というのは、一生に一回きりです。
そう考えると多くの機械設計メーカーがある中で
この求人ページをご覧いただいたことは運命的な出会いなのかもしれません。

それでも応募には勇気がいります。リスクもあります。
ですからもし、まだ踏ん切りがつかない場合は、
もう少しジックリと考えた方がいいかもしれません。

自分が本当にしたいことは何なのか??を。

ですが、もしこの求人募集ページを読まれて
「自分がやりたかった仕事はこのトパックにある」と思われたのであれば嬉しいです。

これほど長い文章を読んでいただいたあなただからこそ、私の本音を言わせていただきます。

「今後の人生を考え、自分のありかたを真剣に考えてみてください」
そして、「自分が本当に働きたい職場はここです!」と誇りを持って言えるような就職活動をされることをお祈りしています。

その際に、株式会社トパックが候補にあがるのであれば嬉しい限りです。
ただし、採用人数は若干名ですので応募される場合はお急ぎください。
最後までお読みいただきありがとうございました。
これまでの内容に少しでも興味を持たれたのであれば応募をお待ちしております。

株式会社トパック,代表取締役社長 正井敏夫

応募方法に戻る

友人に教えるこの求人情報を友人・知人に教える